Copyright  be-kanazawa All Rights Reserved.

写真、アートをもっと身近に

一人ひとりが主役になれる場

金沢町家アートスペース

​be金沢

be-kanazawa

be金沢について

昭和初期より米穀店を営なんでいた神宮商店を改修し、当時の状態にできる限り復元した築約100年の歴史がある町家を改修したギャラリー・レンタルスペースです。金沢を代表する観光地の一つである「ひがし茶屋街」のすぐ近く。卯辰山寺院群にも隣接しており、歴史・伝統・芸術・情緒があふれる地域にあります。

be金沢の”be”には、写真表現がもっと身近になり、一人ひとりが主役になれる(be)場にしていきたいという思いを込めています。写真愛好家の方はもちろんのこと、プロの方にとっても喜んでいただける場とサービスを提供できるよう努めてまいります。​​

磨 く

フォトレッスンや撮影会などの講座を開催します。建物内の全てを撮影スポットとして利用できるので、座学だけでなく実践を通じて着実に腕を磨ける場にします。
レンタルスペースはミーティングや打ち合わせの場としてのご利用はもちろん、スタジオとしてもご活用いただけます。ライティング機材や背景紙を使用した本格的な撮影も可能です。

表現する

主に一階の土間エリアがギャラリースペースになります。(和室も展示スペースとしてご活用いただけます。)
町家ならではの木のぬくもり、暖かく落ち着いた雰囲気、明るく開放的な空間の中でゆったりと作品を展示・ご鑑賞いただけます。

カタチにする

作品としてカタチにするために、展示作品の用紙選びからプリント、額装といった制作活動をサポートします。
カラーマネジメントされた広色域モニターや大判プリンタといったプロフェッショナルなラボ環境をご用意。思った通りの色にならず何度もプリントするといったムダな時間やコストを省き、イメージ通りの作品づくりをお手伝いします。

広がる

人々が集い、楽しい時間を過ごしていると、いつの間にか輪ができてきます。様々な輪が重なり広がると、一人で見ていた景色とはまた違う景色が見えてくることがあります。
素敵な輪が広がり、一人では踏み出せなかったことができるようになったり。そのようなキッカケの場にもなれば最高に嬉しいです。

運営スタッフ

​館 長 迎   崇 Takashi MUKAI

1975年 石川県羽咋(はくい)市生まれ。
小学生の頃、写真が趣味だった祖父の影響で一眼レフカメラで写真を撮り始める。大学卒業後、小売業〜システムベンダー〜ITソリューションベンダー勤務を経て独立。本業として写真の道へ。
現在は建築・竣工写真や商業写真撮影の傍ら、主に自然風景をモチーフとした創作活動を行っている。ソニープロサポートメンバー。写真ワークショップやセミナーの企画、講師としても活動している。
異業種での企業勤務経験を活かし、お客様の課題解決をサポートする”ソリューションフォトグラファー”としても活動推進中。

 

迎写真事ム所 代表
https://www.takashimukai.com

 

◎受賞・出展略歴(抜粋)
2018 個展「情感」ギャラリーしらいと
2018 第74回 現代美術展(入賞)金沢21世紀美術館
2017 全国公募 総合写真展 (優秀賞・北國新聞社賞)東京都美術館
2016 七尾青柏祭写真コンテスト(特選・北國写真連盟賞)
2016 CONNECTIN ‘’SOUL‘’ STYLE 出展  金沢21世紀美術館
2016 チャリティーポストカード展 「私の写真がチカラになる」主催
2015 大野こまちなみフォトコンテスト(大賞)
ほか

◎ワークショップ・セミナー開催実績(抜粋)
※計50回以上開催、延べ500名以上参加
・プロから学ぶ 惹き付ける広報写真撮影のコツ(自治体広報担当者対象)
・周りと差がつく美写真を撮る秘訣(サロンオーナー対象)
・初心者のためのスマホ写真教室(ショップとのコラボイベント)
・町家の魅力を引き出す写真術(町家施設とのコラボイベント)
・ブラムカイ@本多町界隈(本多の森公園を主なエリアとした撮影会)
・フォトジェニックツアー(HATCHi金沢x趣都金澤xビューティーホクリク)
・森の書斎フォトセミナー&撮影会(軽井沢絵本の森美術館)
・初心者のための「写真を楽しむ」はじめの一歩
・初心者のための「写真を仕上げる」はじめの一歩
・初心者でもたった3つのポイントを覚えるだけで写真が上手くなる!
・絞りとシャッタースピードを使いこなして印象的な写真を撮ってみよう!
・工場夜景撮影のコツセミナー&撮影会
・RAW現像を始めてみよう〜Sony ImagingEdge編〜
・RAW現像の基本を学ぶ〜Sony ImagingEdge編〜
・写真管理機能を使いこなす!〜Adobe Lightroom編〜
・RAW現像の基本を学ぶ〜Adobe Lightroom編〜
・イメージ通りのプリントを実現する!カラーマネジメントセミナー(企画)
ほか多数

​副館長 原  一史 Hitoshi HARA

1971年 石川県羽咋郡志賀町生まれ
長年、金属加工に従事するうちに、その技術をアート転用することを思い立つ。制作した作品の記録用にカメラを購入するも、いつしか写真での表現の方に傾倒するようになる。
そして自分を表現するために、写真展を開催し始める。
個展を開催するだけでなく、写真を発表したい人のために自身でも写真展を企画するようになる。
現在、本来の自分を表現したい人向けの肖像写真撮影プロジェクト「花彩写真館」にて、カメラマンとアートディレクションを担当。
表現者の集う場所を作りたいとの思いからbe金沢に参加。


Solas 代表
https://www.hitoshihara.com

 

◎写真展略歴(主催及び主要メンバーのものを抜粋)
2019 個展 「UNDA」かなざわのおと
2019 個展 「のと鉄x少女 3rd season 」のと鉄道運行車両内
2017 三人展 「resonate」きんしんギャラリー
2017 個展 「のと鉄x少女 second season」のと鉄道運行車両内
2017 共同展 「しぜんのあしおと」しぜんのおと
2016〜 チャリティーポストカード展 「私の写真がチカラになる」主催
2016 共同展 「写ルンです DE 大野」主催 もろみ蔵
2016「のと鉄x少女」のと鉄道運行車両内
2016 「connectin soul style」Director 金沢21世紀美術館
2015 共同展 「ミズノキモチ」ギャラリー道の途中
2015 共同展 第3回 ig friends 主催 金沢市民芸術村
2015 共同展 第2回 ig friends 主催 金沢市民芸術村
2014 共同展 第1回 ig friends 主催 金沢市民芸術村
2013 二人展 「光の凝固点」主催 ギャラリー&キッチン らとぅー
その他、写真関係のイベント主催多数